トレイルライド日記

元・京都の某大学理系院生で、2018春から関東でサラリーマンをやっておりますMTB好きの生活記録です。MTBは29erのXCバイク(Scott Scale 940 2013)しか持っていません。理系で院まで進んだのに実生活では数値管理意識が乏しく、横着さも祟った自業自得なメカトラに苦しむこともしばしばです。MTBはメカいじりよりも、乗り倒すことが好きです。体育会サイクリング部出身で、色々なトレイルやオフロードに遠征に行くのが好きです。

11/4-5 1泊1日ライド(K子峠、上手山峠)

前夜輪行中央本線武並駅へ。

駅から6kmほどの道の駅で仮眠。

日付が変わる頃にfanakemさんと合流し、恵那山南方の20kmほどのダートを目指す。

その前に岩村からR257旧々道の木の実峠を探索。

f:id:xalakawa:20161107195129j:plain

一箇所廃道区間があった上に入り口が少し分かりにくかったがあっさり到着。

f:id:xalakawa:20161107195146j:plain

面白い!

そして所変わり、ダラダラ続く林道アップの後に林道の廃道区間へ。

f:id:xalakawa:20161107195208j:plain

これまたエキサイティンな廃道。

f:id:xalakawa:20161107195223j:plain

f:id:xalakawa:20161107195241j:plain

f:id:xalakawa:20161107195254j:plain

一箇所だけ長野県平谷村を横切るのだが、その区間を中心に荒れている。

だが林業作業の方が入るようで、ブッシュの中にもシングルトラックはキープされていた。

f:id:xalakawa:20161107195307j:plain

f:id:xalakawa:20161107195350j:plain

洗い越し区間やカーブミラーなどもあり、楽しみながら乗ったり押したりすると、林道最高所の上手山峠に到着。

f:id:xalakawa:20161107195402j:plain

両側ダートで標高1406mとは、舗装の進む現代のこの地域にしてはかなり珍しい。

ここからは道は刈り払いされて至極走りやすい。

f:id:xalakawa:20161107195412j:plain

廃道で峠を越えるとその先が現役の(ダート)道というのが、ブナオ峠をレベルアップさせた感じがした。

全ダウンで中津川に到着、輪行して帰京。

あまり詰め込まない1日「サイクリング」だったが、とても充実していた。