トレイルライド日記

元・京都の某大学理系院生で、2018春から関東でサラリーマンをやっておりますMTB好きの生活記録です。MTBは29erのXCバイク(Scott Scale 940 2013)しか持っていません。理系で院まで進んだのに実生活では数値管理意識が乏しく、横着さも祟った自業自得なメカトラに苦しむこともしばしばです。MTBはメカいじりよりも、乗り倒すことが好きです。体育会サイクリング部出身で、色々なトレイルやオフロードに遠征に行くのが好きです。

7月16日 朝ライド(ATG~AKT~KRT西)

この日は自分の黄金コースのトレーニングに、明雅屋のM田さんをお連れした。

f:id:xalakawa:20160717113306j:plain

路面はグッチョグチョで、登りのチャレンジセクションは大体失敗。

f:id:xalakawa:20160717113559j:plain

AKTトレイルは後半のロッキーセクションの岩の苔が見るも恐ろしいくらい緑緑していて、滑るビジョンしか見えなかったが突貫。

ホイールの滑る方向を予想しながら突っ込めば、多少ホイールが滑っても案外リカバリーが効くことが分かった。

最後はKRT西。

この時期は虫が多くて、担いでいる間に散々まとわりつかれた。

特にM田さんは、尻をブヨに刺されていた。

体感一瞬でKRTの獲得標高を消費してから帰路へ。

出発からちょうど6時間で吉田へ帰還。

このコースはM田さんにも満足いただけたようで嬉しかった。

ちなみにM田さんのstrava曰く、このコースの強度は65km2000upとのこと。

MTBのステージレース1日分くらいの強度があることが判明した。