トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

6/24 花背峠セルフTT~MKゴエ

就活が終わって再開した早朝バイトの後に仮眠してから、来週土曜のサイクリング部の花背TTのための下見へ。

5月終盤は就活で弱って2週間くらいライドに行かなかったから、出力が落ちてタイム遅くなってたら嫌だなーと思いながら登ってみた。

今回はバックパックをスタート地点に置いて、お金とスマホだけをポケットに入れて、スマホのストップウォッチ機能で峠までのタイムを計ってみた。

結果は22分27秒±3秒くらい。

峠に自転車と学生がたくさんおり、「すわっ自分のトコのサイクリング部か?」と驚いたが違う所のサイクリング部の人達でした。

今回のヒルクライムの感想として、バックパックを背負わずに登るのは非常に開放的だということをヒシヒシと感じた。

序盤の最初の橋の辺りまでは、今までに無いくらい軽やかな足取りに感じられました。

その後も、「これ21分台いけるんじゃないか?」というくらい、今までに無く早いペースで登っていたように感じていたが、結果的には前回のセルフTT結果から20秒ちょい速くなっただけだった。

とりあえず、このままいけば来週のTT本番では、とりあえずの目標である22分30秒を切れそうな気がして自信がついた。

あと、就活で体力が落ちたように思えていたけど、そんなことは無かったので安堵。就活明けに、ATGAKTKRTや北陸一泊一日ライドなど、ハードなライドに何度か行っていたのがショック療法として上手く作用した気がする。

 

ちなみに、部内のMTB記録は、スクミズさんが12年12月に出した、22分46秒だと思ってたけど、実際は05年くらいに、大OBのM井さんが20分15秒というバケモノのような記録を叩き出していた。考えてみれば、シクロクロスやCJでの活躍で全国的に有名なスクミズさん22分46秒という記録も、自分のようなフラペMTBヒルクライム素人が割とあっさり破れてしまいそうな辺り、本気で登っていたとは考えにくい。でもいかんせんMTBで20分15秒は...。趣味でトレイルライドに行く程度の人間には辿りつけない記録だと思う。

とりあえず京都を離れるまでの最高の目標は、今の状態から更に1分縮めて「21分台前半に乗る」ことかなぁ...。

 

 

その後、花背峠をピストンしてからMKゴエへ。

MKは倒木が着実に増えており、自前のノコギリで斬ろうと思ったが、こんな時に限ってノコギリを下宿に忘れてきてしまっていた。

そして「MK後半からゴエにつないで、ゴエ出口まで足をつかずに全乗車でいくチャレンジ」にこの日も挑戦した。MK後半は全乗車で突破し、ゴエトレイルも、先週まで倒木があった坂までは順調にこなしたのに、その坂を越えた先に新しい倒木があって無念の足つき。調子良い時に限って新しい倒木でチャレンジを阻害されるのは無念と言わざるを得ない。

今度来た時、MKもゴエもメンテしよう...。

あと、MK終盤の急下りは、ザラザラな坂でリアホイールが滑りまくってかなり怖かったです。