トレイルライド日記

京都の某大学理系院生によるMTB要素100%の生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。理系院生なのに数値管理意識が全然身についておらず、横着さも祟った自業自得なメカトラに見舞われることもしばしばです。体育会サイクリング部出身の名残で、たまにツーリングにも行きます。

2/23 ヒノ~トモミ

この日もトレーニングライドへ。

ヒノの激坂林道は久々に足つき無しで上りきれた。やはり一番斜度がキツい箇所はインナーに入れないと登れなかった。

ヒノトレイルは雪も溶けてグッドコンディション。ただ、道が少し分かりづらかったので、途中で木を避けるライン取りで非正規ルートをとってしまい、その際に嫌らしい小枝にレーサージャージを引っ掛けて破いてしまった。

実は先日もお気に入りのジャージをコジカゴミセクションで木に引っ掛けて、肩甲骨の辺りを破いてしまったばかり。ちょっとショック。

その後、トモミトレイルに寄って終了。

特にトモミは何度も来ることによって、登りの精度が上がってきた気がする。

2/22 K見林道練-グリコ男岩コジカ

今日もトレーニングライドへ。

レダート3.5往復(600up)+グリコ男岩+コジカ

トレーニングだが楽しすぎる。

沢の池での休憩は春の陽気も相俟って、とても気持ちよかった。

f:id:xalakawa:20180222151502j:plain

気づいたこととして、コジカの登りは、ロックセクションも割りと安定して足つき無しかつセンター縛りで登れるようになった。

その次のゴミセクションは入り口のコーナリングが決められるかどうかにほぼ全てがかかっており、ここでいつも失敗してしまうので鍛錬を詰んでいきたい。

 

2/20 K見林道練-グリコ男岩コジカ

今日予定していた調査が催行者の都合で流れたのでトレーニングへ。

先週開拓したK見周辺トレーニングコースは、我ながらとても気に入っている。

 

・ガレガレのダート(途中、ウェットなシングルトラックセクションを含む)の登り下りを3往復

・4本目を登り、水場に寄ってからグリコー男岩トレイルでテクニカルな下りをスムーズに下る鍛錬

・最後にコジカでチャレンジ登りと快適な下り

(+今出川通りで安全に配慮したフラット巡航練)

 

これらをこなして下宿からドアtoドアで3時間半程度。

男岩トレイルの最後の登り返しのみインナーを発動し、後は全部、使用できるギアの下限はセンターロー(32T×36T)。

 

力まず、29erのホイールサイズの大きさを生かして、ちょこまかしたハンドル捌きではなく、ゆったりと流れるように下ることを特に意識するようにしている。

 

トレイルやダートでインナーギアを極力使わず、センターギアでモリモリ漕ぐようにしており、その影響でチェーンに今まで以上のトルクがかかるためか、チェーンにオイルを給油してからオイルが切れてカサカサになるまでの時間が短くなった。

今回は注油したての状態で走ったにも関わらず、帰りにはカサカサに。

確かにこのトレーニングコースは洗い越しセクションが何箇所かあるが、フィニッシュラインの緑にしては切れるのが今までよりかなり早くなったと思う。

 

今日は男岩トレイル終盤の上り返しが、比較的ドライだったため最難箇所を突破できたのに、その後のライン取りをミスって自滅的足つき。それだけが非常に悔しかった。

 

2/19 ヒノ~トモミ

昨日のコースをトレース。

ニノの激坂林道は、最急勾配箇所のみ今回はインナーローを発動したけど、最近のセンター縛りに慣れてきた身には違和感があるくらい軽すぎて、逆にホイールスピンして足つき。やはり前30Tのセンターギアに後40Tのローギアがあれば、うまいこと加速を使ってモリモリ登れる気がする。

トレイルは雪が溶けてきていて、昨日ほどのスノーライドという訳にはいかなかったがこれまた楽しすぎた。

その後トモミに寄って終了。

トモミトレイルの面白さに最近気がついてきた。

2/18 ヒノ~トモミ

昨日は研究室企画「京都三大ラーメンを巡る会」に参加し、三大と謳いながら4件のラーメン屋(俺のラーメンあっぱれ屋、無鉄砲本店、とうひち、山崎麺二郎)に行ったので、その分のカロリーを消費すべくライドへ。

本当はT山林道練に行こうとしたのだが京都マラソンの影響で色々とアプローチが面倒になりそうだったので、ヒノの激坂林道をセンター縛りで登るトレーニングをしてからヒノトレイルを下ることにした。

f:id:xalakawa:20180218163015j:plain

林道入り口で、朝ライドメンバーの顧問さんと邂逅した。ヒノには行かずにヨナに行かれるとのことで、ヒノにはまだ残雪があるだろうとのこと。

最近暖かく雪はもう降らないだろうと思っていたら、昨晩は冷え込んで雪が舞っていたので、ヒノへのアプローチの途中でラッセルになったら自分も大人しく引き返すことに決めた。

肝心の激坂林道センター縛りプレイは失敗。前半、2つ目の九十九を超えた先から、一旦斜度が落ち着くトラバースセクションまでの間で、勾配(&ガレ)が強まる箇所が3箇所ある。1箇所目はまだセンターロー(前32T×後36T)でもいけたのだが、残り2箇所が、ライン取り以前に自分の脚力ではどう足掻いても踏めなかった。屈辱のプッシングではあるが、高すぎるハードルのため、悪足掻きの余地も無く速やかに降伏した。前30T×後40Tだったら、自分でもいけるのだろうか...?

その後は路面に雪が積もっていたがなんとか進んでいき、林道終点は轍が掘れても地面が見えないくらいになっていた。

だが見かけに反して雪の抵抗は大きくは無く、上りもそこまで苦労せずに相変わらずセンターローで登れた。適度に締まった雪質で、最高のコンディションのスノーライドになりそうだと確信し思わずほくそ笑む。

f:id:xalakawa:20180218163037j:plain

果たして、トレイルでは楽しすぎるスノーライドを満喫できた。

f:id:xalakawa:20180218163046j:plain

誰の足も、もちろん轍も入っていない雪の上にをザクザク・モフモフとシュプールを描く。とても贅沢な時間。

たまに動物の足跡を見つけるのもいとをかし。

「ウィンタースポーツ」を楽しんでる感を京都市街近郊で味わえて最高だった。

 

下界に降りてから「もう1本ヒノを登って下ろうか」とも思ったが流石にそれはしんどすぎるので、帰りはトモミトレイルに寄った。

こちらは雪は積もっておらず、代わりにウェットコンディションの常時ツルツル状態だった。

リアタイヤを新品のWildGrip'Rにしたお陰で、恥ずかしい話だがトラクションコントロールの未熟さをタイヤに補ってもらう形でチャレンジ坂に取り組んだ。

こちらもセンター縛りで登ることにして、トモミトレイルの個人的な2つのチャレンジ坂(ある程度の長さでしかもインナーローを発動しても成功率は低い)に取り組んだ。結果、足をついても何度か再発進してトライしたら上りきれたので、センターギアでも無理があるという訳ではないことが分かったのが収穫だった。そのため、センターローで足をつかずに登りきれる日も近いのではないかと思えるようになった。センター縛りだと、インナーのようにシャカシャカ漕ぐというよりかは、登りに差し掛かる際に勢いをつけてその推進力を出来るだけロスなく利用したり、登っている最中の勾配の緩む箇所で容赦なくグイグイ踏んで、少しでも推進力をつけるといったテクを身に付けられるので、シンド面白いですね。

面白かったので、明日もこの2本に行くことにした。

2/16 D(NZ)

昨日ひどく打ちつけた太ももが鈍く痛むので、午前に予定していたトレーニングライドには行かなかった。

代わりに夕方に低負荷のトレイルライドへ。

今回もノコギリ持参で、今まで気になっていた倒木を1本処理した。

が、肝心の切断する箇所についてミスを犯した。一番細くなっていて、かつ樹皮が剥がれてて乾いてるから切り易いと判断した箇所を15分ほどかけて切断したのだが、切断して出来た丸太は重すぎてほとんど動かせず...。結果、徒歩では通りやすくなった(跨ぐ必要が無くなった)もののMTBでは乗っては通れないという微妙な結果になってしまった。

その後、テーブルトップからいつものように下って終了。

リアタイヤを新調したら、余りにも路面への食いつきが良すぎて、舗装路なんかでは逆にウェイトを引きずりながら走っているような印象を受けた。

2/15 K見林道練-グリコ男岩

昨日のコースが面白かったのと、廃林道のメンテを兼ねて昨日と同じ行程でトレーニング。

超久々にトレイル用バックパックを使った(ノコギリを収納するため)。

茶屋からトレイルを下って、途中でK見廃林道に合流してから、倒木に出会うごとに処理していった。

MTBでオフロードを疾走し、倒木が登場するごとに速やかに降車してバックパックから取り出したノコギリを一心不乱に引くのは、今が旬のスポーツ:バイアスロンクロスカントリースキー+射撃)を髣髴とさせて面白かった。格好がレージャーレーパンだったのも、バイアスロンと似ていると思った理由かも。

倒木を処理しながら登っていって、どうしても処理できない太い倒木の箇所まで来たら、後は下って登ってを繰り返した。自分の手で開通させたばかりの箇所を通過するのは気持ちがいい。

f:id:xalakawa:20180215195528j:plain

だが、2度目の下りで落車。太ももを強打して痛かった。

小川に尻餅をついた無様な状態で、痛みに思わず呻き声を上げながらトレイル上で伸びてしまった。

が、落ち着いてから再度乗車したところ、走行不能になる程の痛みでは無かったのでトレーニング続行。結局、下まで降りてから登るのを3.5セット繰り返した。

その後、グリコー男岩とつないだ。

昨日注油したばかりのチェーンオイルが、湿気の多い今日の林道練で全て洗い流されていた。昨日かなり気温が上がったので、氷が溶けてビシャビシャなセクションが多かったのが主な原因だろう。

そういや昨日は全面凍結していた沢ノ池も、今日は穏やかにさざ波が立つ水面となっており、春を感じた。

f:id:xalakawa:20180215195539j:plain

帰宅して洗車してから、リアタイヤを磨り減った中古RapidRobから、新品のWildGrip'Rに交換。

太さ2.25にも関わらず2.4はありそうなゴツさで、チェーンステーに干渉しそうなのが少し心配。

あと、路面への食いつきが心配になるくらい抜群だ。

グリップも新品に交換した。