トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

8/20 朝ライド(タキヒノ)

金曜日の時点で日曜日の分の朝ライドの告知をしたことで、内容を土曜日の朝ライドの内容と見間違えた方が続出してしまい申し訳ありませんでした!

この日(日曜日)は自分の告知でMKゴエトレイルのメンテライド...のはずが、昨日間違えて集合場所まで来られたという顧問さんが、昨日のうちに一人でMKゴエともメンテをして下さったということで、メンテライドの必要性が無くなりました(^^;

そこで、自分の企画した本隊?は、「時間が無い人向け(短い距離で終わるとは言っていない)組」ということで顧問さんが企画されたタキヨナコースに途中まで一緒に行き、途中で分かれてヒノトレイルへ行くことに。

「時間が無い人向け(短い距離で終わる)組」をicchiさんが新たに作られたりと、班が3つも出来た朝ライドでした。

途中まで、「誰が顧問さんの班に行く方で、誰が自分の組に来られる方か」全く把握出来ておらず、一人で勝手に色々混乱しておりました。

タキトレイルへのアプローチは、自分は林道の終盤から沢を担ぐルートしか知らなかったんですが、乗車と押しだけで行けるルートもあることを今日初めて知りました。沢ではヒルにやられて文字通りのヒル(蛭)クライムになりました。あと、沢を詰めたところで峠道に合流するところの道が無くなっていて、斜面の直登になっていました。ここの担ぎが、一部で土がゆるく、協力して自転車を引き上げたりしました。

久々のタキトレイルは、途中でトレイルの美しさにハッとしました。

f:id:xalakawa:20170820151657j:plain

京都中のトレイルは鹿が下層植生を食べつくしてしまっているだけに、こんな風に下層植生が茂っているだけで、京都のトレイルらしくなく見えるものなんですね。

最後のヒノトレイルは台風の影響で倒木がチラホラと。決まって楽しい箇所に倒木があったのが残念です。あいにく自分の細いノコギリでは処理しきれない倒木が多く、メンテはあまり出来ませんでした...。クモの巣がすごく多かったので、人もあまり入っていない様子でした。

最終的に、全員で5名の本隊も無事にタキヒノトレイルを終えて解散しました。

8/19 朝ライド(M山直登林道~ATGAKTKRT(東))

個人的な西山黄金コースへ。

かねてからインフレーターをフレームに直付けできないものかと考えていたところ、「インフレーターのマウントを長いタイラップでダウンチューブに直付けすれば良い」ことに気付き、今日からそれを実践してみた。インフレーターはかさばってレーサージャージのポケットやサドルバッグに入らず、いつも渋々リュックに入れて背負うことになる原因だったので、こうすることで何も背負わず軽量化した状態でライドに行けることが分かった。あと、自転車用のちゃんとしたボトルを、スポーツバイク歴6年目にして初めて購入し、必要最小限の工具はジップロックに入れてサドルバッグに収納。トレイルライドで背中がフリーというのはかなり快適であり、この装備で、10月の松野四万十レースにも出ようと思う。

肝心の今日のライド自体は、オフロードのあらゆる要素を詰め込んだトレーニングコースとして最適だけど、いかんせんトレイルの登りも下りもヘタクソになったと痛感。

いや単純にトレイルコンディションがツルツルのウェットだったり、ATGAKTが台風で路面がかなり荒れていたということもあるけど、下りはツルツルなロックセクションにビビりまくり、台風で荒れた路面では暴れ馬に振り回される感じになって制御が利かず、さらに登りでは普段なんでもなくクリアできる根っこにあっさりリアを弾かれる...という有様。2ヶ月前のレベルに戻さなくては...

あと、テクの問題以前に、壊れた前サスが、普段以上に荒れかつウェットなATGやAKTのくだりを楽しむには無理があり過ぎる気もした。

 

色々と消化不良な感じでこの日のライドを終えた。

ドアtoドア、途中で馬堀ローソンに寄って5時間30分程度の行程だった。

f:id:xalakawa:20170819141646j:plain

8/12-14 飯田拠点古道ライド(M坂峠、A掛峠、N野峠、O川路峠、T代峠、G楽峠、小和田駅突入)

8/11に中央線坂下駅まで輪行して、道の駅きりら坂下で仮眠してから、飯田遠征ライドが始まった。

12日は出発直後にいきなり雨に降られ、消防団の小屋の軒下で1時間ほど雨宿り。雨が止んだところで再出発した。雨は降っていないが止んで間もない状態の山道を1000upしてM坂峠まで舗装路で登り、東側の古道で下った。

 

※記事は後日書きます

8/11 朝ライド(M山メンテ)

f:id:xalakawa:20170819140343j:plain

一見長野ライドの写真と見せかけて京都のM山トレイルの写真です。

 

この日は朝ライドの方々とM山へ。

最近行けていなかったM山の下りはさぞ荒れているだろうということでメンテライド。

直登林道は、麓からの足つき0チャレンジが出来ないような大きな倒木が幾つかあり、自分が京都にいる間はもうチャレンジできないのではないかと心配になった。

そしてM山のトレイルヘッドから先は案の定倒木だらけ。TKPさんとmineさんの強力なノコギリ+朝ライドのメンバーである大の男たちの力を以ってすれば、一人では到底動かせない倒木を移動させたり、見ただけで萎えるような、幾つもの木が折り重なった場所を、まるで複雑に絡んだ糸をほどくような感じで処理できる。

全く当たり前なことだけど、こうして、力を合わせて重いものを移動させられるところに、人間を他の動物とは異なり人間たら使めているものを再確認した。

ライド自体は倒木で止まってばかりだったけど、自分も微力ながらトレイル掃除に参加出来て満足。

というか雨上がりかつサスが壊れてリバウンド最速状態のM山の下りは、ツルツルの根っこが恐怖心を掻き立てるレベルだった。単純に、7月に全然MTBに乗ってなくてヘタになったというのもあるけど...。

結局恐る恐るへっぴり腰で下り、1回の滑落を経験した上、終盤のチャレンジセクションであるクランク岩も失敗。

 下った自販機で解散。

 

ここ数日コロコロと変わる天気予報の中で、比較的天気が安定すると思われたこの日の夕方から、信州飯田へとMTB遠征に行くことにしたので、帰宅後は準備をして、17時台の電車で中津川駅へと向かった。

8/5-6 長野ライド(安曇野国営公園MTBパーク、松本周辺)

8/5-6で、朝ライドの方々に混じって、TKPさんと長野のGa9さんの企画された長野ライドにお邪魔させていただきました。

mizoさんのバンに今年も乗せていただき、現地ではGa9さんやSu-さんの案内のもとで、標高2000m手前からのダウンヒルやバイクパークを含む、非常に快適なライドを楽しめました!

また、5日の昼はパンプトラック修行と国営のMTBパークのトレイルライド、そして夜は橋の下でのキャンプで、朝ライドの方々と野宿というのが新鮮で面白かったです。

スケールの大きなトレイルライドを楽しみつつ、久々に一緒に走った朝ライドの方々や長野、愛知の皆さんの自転車や乗車スタイルにも色々と刺激を受けることができ、とても有意義な時間を過ごせました。

 

ちなみに帰りは中央自動車道が飯田山本で通行止めになり、迂回路のナビゲートを担当した自分が「高規格で走りやすい」とドヤ顔で太鼓判を押したコースが、途中で街灯も無い1車線の沢沿いの酷道になり、最早笑うしかありませんでした。

すいませんでした!

 

f:id:xalakawa:20170809205658j:plain

f:id:xalakawa:20170809205753j:plain

f:id:xalakawa:20170809205821j:plain

f:id:xalakawa:20170809205840j:plain

f:id:xalakawa:20170809205859j:plain

f:id:xalakawa:20170809205926j:plain

f:id:xalakawa:20170809205948j:plain

f:id:xalakawa:20170809210003j:plain

 

 

 

7/27 夕ライド(DMJ NZコース)

半年ぶりくらいに旧ホームコースへ。

半年間も行かなかったのは、このコースは冬や春の北山のトレイルに行けない時に行くためのものだという風に認識が変わったからであり、雪が無い季節は北山や西山にガンガン行くようにしていたからである。

今はちょうど体力が落ちているので、ドアtoドアで1時間10分くらいのトレイルは有難いということで旧ホームコースへ。

中越えの舗装路は心肺と脚力が弱っていることを実感。

その後のトレイルは、サスのリバウンドが最速なため、このトレイルの名物のガタガタロッキーセクションや根っこセクションで思ったような走りが出来ず、グダグダだった。

とにかく振動が少ないルートを選ばなければならないので、自ずと目線が間近になってしまう。

目線をなるべく遠めにしないと、ハイカーさんがいるかどうか分からないので、目線を遠くにしようと努めつつ路面のギャップに気をつける...という風に、心休まらない緊張の連続だった。旧ホームコースだが難易度倍増。

 

ただ、半年間の成長か、今まで気付かなかった最速ラインというか衝撃が少ないラインを至る所ですぐに発見出来るようになったのを実感できた。

 

うーん、でも今の壊れたサスではこのコースは面白くないなぁ...。

7/22 夕ライド(ゴエ)

MTBに乗ることから最近距離を置いていた感が否めず、リハビリも兼ねてゴエトレイルへ。

ゴエトレイルは、5月末頃、就活終盤で色々と気分が滅入っていた時に、久々にリハビリを兼ねて行ったら精神衛生にとても良かったという思い出がある。

2ヶ月くらい前のことか...。

あの時は就活のストレスのはけ口としてMTBに乗り、内々定をゲットしてからしばらくはモチベがあって乗っていたけど、梅雨空で物理的にMTBと距離を置く期間が続いてから、そのうちに精神的にも距離が出来てしまったようだ。

とにかく、2ヶ月前にゴエトレイルに行った時は、2週間MTBに乗っていなかったにしてはかなり乗れていたのだが、それに対してこの日はアプローチのガレ林道では足をついてしまうし、思ったよりも登りが長くしんどく感じられ、体がかなりなまっていると感じた。

あと、麓のコンビニで菓子パンで腹ごしらえしてすぐ登ったので、気分も優れなかった。前回のヒノトレイルの時ほどではないが、幾分気持ち悪い感じだった...。

肝心のゴエトレイルは、前回に来たときの倒木がそのまま残っていた。ノコギリを発動したが、思ったより太く、また一人では叶わない相手だったので、途中で諦めた。

チャレンジ登りもふるわず足をつき、かなり体がなまったなーと危機感を持った。

だけど、今までみたいにガツガツ乗りたいとは思わないんだよなぁ...。

蒸し暑いのが、乗りたい気分を殺ぐ大きな原因かも。

昨年の今頃も、そんなに乗れてなかったみたいだし。

Blogでライド記録をつけてると、こういう昨年の傾向が分かるのが便利だ。

 

体力やライドスキルがなまってしまったが、これからもボチボチ乗ろうと思います...。

てかゴエトレイルの直後にヒノトレイルに行っていた、数ヶ月前の自分の体力は何だったのか感があって、割と愕然としてます....。