トレイルライド日記

元・京都の某大学理系院生で、2018春から関東でサラリーマンをやっておりますMTB好きの生活記録です。MTBは29erのXCバイク(2018年6月まで:Scott Scale 940 2013 2018年8月移行:Rocky Mountain TrailHead 940 2017)しか持っていません。MTBはメカいじりよりも、乗り倒すことが好きです。体育会サイクリング部出身で、色々なトレイルやダートに遠征に行くことが特に好きです。

4/7 青梅~飯能トレイルライド

社会人1週間目が終わった土曜日、青梅へトレイルライドへ。

今回は、2年前にウィスラーでさんざんお世話になった、青梅在住のカナオさんに案内をお願いしてのトレイルライド。

久々に、今度は日本で一緒に走れるということでワクワク。

当日は小作駅に集合したところ、なんと同じくウィスラーでお世話になったボリさんもいらしておりビックリ。

ウィスラー面子で、こうして2年ぶりに一緒に国内を走れるのは本当に幸せでした。

今回はカナオさんのホームコースの七国周辺のトレイルへ。

京都のように「ヒルクライムせざるはダウンヒルするべからず」という感じにゴリゴリとアプローチで登らせてくるということはなく、せいぜい50upくらいのダートやトレイルを登って、なだらかな下りを楽しむというもの。ウィスラーのロストレイク周辺のトレイルのようである。

f:id:xalakawa:20180416202010j:plain

こうしてマイルドなトレイルライドを楽しんだ。

途中、飯能側では斜面を掃除してできたジャンプセクションで動画を撮り合ったり。

最後のチャレンジ登りは一発でいけたものの、最難関バリエーションルートにもチャレンジしたらそちらは3回とも失敗。「ここを登れた人がいる」と聞いてしまうと、チャレンジ魂に火がついてしまう。

13時過ぎに青梅側に降りて、カナオさんおすすめのラーメン屋さんに寄って(大変おいしかったです)、最後に自転車コーキ屋さんに寄った。

f:id:xalakawa:20180416202145j:plain

憧れのマウンテンバイカーである池田祐樹さんのメカニックを務められており、

池田さんにまつわる興味深いお話をたくさん聞かせていただきました。

 

14時頃に解散。

ボリさんが住んでらっしゃる場所が、今自分が居候?させてもらっている実家の隣の区であることが判明し、帰りはボリさんの車に乗せていただきました。

こんなに近い場所にお住まいとは思いもよらなかったです。

 

カナオさんとボリさんと走ったこの日は、社会人マウンテンバイカーとしての一歩にふさわしい日だったと思います。

 

ありがとうございました。