トレイルライド日記

元・京都の某大学理系院生で、2018春から関東でサラリーマンをやっておりますMTB好きの生活記録です。MTBは29erのXCバイク(2018年6月まで:Scott Scale 940 2013 2018年8月移行:Rocky Mountain TrailHead 940 2017)しか持っていません。MTBはメカいじりよりも、乗り倒すことが好きです。体育会サイクリング部出身で、色々なトレイルやダートに遠征に行くことが特に好きです。

3/18 山中越TT

17-18でレンタカーを使って神奈川県の実家へ下宿の荷物を搬送。

常時空いている&速度制限が試験的に110kmの新東名が絶大な威力を発揮したおかげで京都の下宿~神奈川の実家までの440kmほどが休憩込みで6時間半程度で片付いた。

こちらに帰ってきたときはまだ夕方前で、しかも明日から4日間雨続きだということで、せっかくなので走ることにした。

が、走ろうと思い立ったのは17時前でトレイルに行くには遅すぎたので山中越TT(By MTB)をした。ここ3日ほど全く自転車に乗っていないので、いい感じに今までの筋肉疲労が取れているだろうということで自己ベスト(17分4秒)更新を狙う。

結果、入口T字路スタートで頂上まで16分25秒。

自己ベストを大幅過ぎるくらい更新できて自分でも驚いた。

週5でトレイルにトレーニングに行った効果もあると思うけど、機材面でも2点、今までと違った点があった。

一つはサドル。前傾気味にセッティングしてみたら思った以上に踏みやすくなった。

二つ目はちゃんとロックアウトするサス。このおかげで、御堂筋君のようなダイナミックな(?)ダンシングが躊躇無くできるようになった。12月まではロックアウトの効かない壊れたサスを使っていたので、ダンシングを極力せず、ダンシングする時もサスをなるべく沈めないよう両肩に力を入れてそっと押すような特殊なダンシングになっていたので、色々な意味で遠慮が生じていたのだった。なりふり構わない御堂筋スタイルのダンシングも、最初の加速や各所の勾配の変わり目での多用によりタイム短縮にかなり影響したと思う。

 

こうなっては、もう一度MTBで、今の全力を花背峠にぶつけてみたくなった。

近いうちに花背にもう一度登りに行こう。明日から雨だけど。

f:id:xalakawa:20180318202903j:plain