トレイルライド日記

元・京都の某大学理系院生で、2018春から関東でサラリーマンをやっておりますMTB好きの生活記録です。MTBは29erのXCバイク(Scott Scale 940 2013)しか持っていません。理系で院まで進んだのに実生活では数値管理意識が乏しく、横着さも祟った自業自得なメカトラに苦しむこともしばしばです。MTBはメカいじりよりも、乗り倒すことが好きです。体育会サイクリング部出身で、色々なトレイルやオフロードに遠征に行くのが好きです。

3/13 K見林道練-グリコ男岩

ソロトレーニングへ。

昨日、ATGAKTKRTという高負荷コンボをキめたにも関わらず、筋肉痛は無く普通に走れた点で、はじめて自分の体を頼もしいと思えるようになった。

相変わらず水が多くビチャビチャマッディーな林道をえっさほいさと3.5往復。

この間グリスアップしたばかりの左ペダルから再び異音がして萎えた。

その後グリコ男岩へ。

さっきの林道があれだけウェットな反面、男岩は超絶ドライコンディション。

ドライ過ぎて、昨年の今頃に前転して左人差し指を痛めつけた箇所の少し先で落車。

さらに男岩より先のクランク岩も失敗。ドライ過ぎると前後輪ともザラザラな砂やカッサカサの落ち葉に流されて止まれず、怖い。

こういう時はムキになって再チャレンジすると一層痛い目に遭うので、再チャレはせずにおとなしくそのまま下る。

終盤の登り返しは今日は成功。まあここはドライなほど成功率上がるから確実に押さえないとね。

コジカには寄らずに帰った。