トレイルライド日記

元・京都の某大学理系院生で、2018春から関東でサラリーマンをやっておりますMTB好きの生活記録です。MTBは29erのXCバイク(Scott Scale 940 2013)しか持っていません。理系で院まで進んだのに実生活では数値管理意識が乏しく、横着さも祟った自業自得なメカトラに苦しむこともしばしばです。MTBはメカいじりよりも、乗り倒すことが好きです。体育会サイクリング部出身で、色々なトレイルやオフロードに遠征に行くのが好きです。

3/12 M山直登林道~ATGAKTKRT(担ぎ&東)

半年以上ぶりに、かつての自分の黄金コースATGAKTKRTを解禁。

しかも今回はオフロード率を高めるため、ATGの登りをM山直登林道経由で行くという負荷マシマシバージョンである。

今回は珍しく各地点での時間を記録したので、それに従って時系列を書いていく。

 

10時24分 下宿出発

11時24分 M山直登林道に突入

この廃林道は先月、「もう来ないだろうな」と思いつつも渾身のメンテをした甲斐があって、かなり上まで足をつかずに登れるようになった。今まで足をつかざるを得なかった箇所を、メンテのおかげで足をつかずにクリアできるのは感慨深い。が、今回は最初の急勾配セクションで足をついてしまい、足つき0とはいかなかった。

T山林道に合流してからは、淡々とダートを登る。暑いので水場で水分補給。

仕事なんて放り出して山に走りに行きたくなるような、最高の快晴だ。

f:id:xalakawa:20180312194600j:plain

f:id:xalakawa:20180312194609j:plain

12時6分 首無し地蔵

地蔵から先のセクションは、所によっては根雪がようやく溶けたばかりといった感じでぬかるんでおり、全乗車チャレンジは失敗。

センター縛りで登れるところと登れないところの確認はできた。

そしてお気に入りの展望スポットに到着。

久々に来たこともあって、この日は特にこの光景に感動した。

f:id:xalakawa:20180312194619j:plain

その後ATGトレイルを下る。

半年前に来た時よりも整備されており、基本的にはほぼ全乗車できる。所によって雪溶けによる新しい倒木があった。また、ガレ具合も増しており、前輪がゴロタ石にとられないよう細心の注意を払いながら下った。

 

12時47分 S峠

AKTに侵入。

こちらも半年前に来た時よりも整備されておりウハウハだった。

途中、チャレンジ登り坂が立て続けに2本連続する箇所は今回も失敗。この2本は本当に自分と相性が悪い。何度挑戦してもダメだった。1本目は倒木の影響でルートがマイナーチェンジされており難化していたとはいえ、まだいけそうではあったが、1本目に比べかなり長い2本目は、もう一頑張りというセクションに行くまでで精一杯だった。2本目は最後に足をつかずに登れたのがいつか思い出せないくらいだ。2016年、ウィスラーから帰ってきた後に朝ライドに参加した際は、いくぶんウェットコンディションだったにも関わらず、mineさんはこの2本を止まることなく一発で足をつかずに登りきっており、それを見て自分は舌を巻いたものだった。ドライなのに登れないことがかなり悔しかった。

後半の延々ロックセクションが続く箇所の影響で腕がパンパンになった。

 

13時31分 AKT出口

AKTを終えてから馬堀ローソンまでは、束の間の川沿い超快走セクション。ATGAKTという京都屈指のチャレンジングな下りを無事終えた後で、しかも快晴なのも相俟って、とても心地よかった。

馬堀ローソンで補給してから、KRTの担ぎに入る。

最初から最後まで担ぎ通すメンタルは今の自分には無いので、所々で押しながら登った。走力がつく代わりに担ぎ耐性は犠牲になったな...。

この担ぎが終わってからMSG山頂までは個人的に宿題となっているチャレンジ登り。決して難しすぎる訳ではないのに、足をつかずに突破できたことはない。京都を去る前に是非成功させたいということで、今回チャレンジしてみたところ、3度目くらいでようやく成功。難し目のセクションが全て終わった後で、山頂の直前に倒木があったので残念ながら足をついたが満足。

f:id:xalakawa:20180312194634j:plain

14時32分 MSG山頂

MSG山頂からはダート林道を下ってKRT東に接続する。このダート区間が整備されており、全舗装ダートと言ってもいいくらいキレイなダートになっていた。

KRT東入口の坂は、今回はセンターローで登ってみた。ライン取りがシビアになるが、助走をつければ32T×36Tでも登れることが分かった。

チャレンジングな根っこセクションが数え切れないくらいあるKRT東だが、この日の自分はかなり冴えており、1発成功を連発できて嬉しかった。ただ1箇所、中盤の超タイトターンだけは、勢いありすぎてジャックナイフになりながらのかなり危うい成功でしたが...。

KRT東は誰ともすれ違わずに終えられた。チャレンジングだがとても楽しいこのトレイル、京都を去るまでにもう何度か行くぞ!

 

15時21分 山田口交差点

雪印コーヒー牛乳を投入してから下宿までブンブン回して帰宅。

 

充実した1日だった。

ATGAKTKRT(担ぎ&東)は、MTBの総合力が試される、京都屈指のチャレンジングなフルコースです。