トレイルライド日記

元・京都の某大学理系院生で、2018春から関東でサラリーマンをやっておりますMTB好きの生活記録です。MTBは29erのXCバイク(2018年6月まで:Scott Scale 940 2013 2018年8月移行:Rocky Mountain TrailHead 940 2017)しか持っていません。MTBはメカいじりよりも、乗り倒すことが好きです。体育会サイクリング部出身で、色々なトレイルやダートに遠征に行くことが特に好きです。

3/2 朝ライド(AMG-トモミ)

久々に5時台に起きて、明雅屋の前田さんと後輩のI上とAMGへ。

冬は雪に閉ざされるが最近暖かいのでいけるだろうと踏んでお二人をご案内。

ロードは鬼のように速いI上だが、ロード感覚で集合時間に間に合うように家を出た結果、思い切り遅刻をしていた。そりゃ長すぎるハンドルバーに、160mmストロークの前サス& 205mmのローターがついてるようなDH寄りのMTBじゃ舗装路の登りも難儀することだろう。

AMGトレイルは、入り口から山頂にかけての区間に、今までに見なかった林道がつくられておりぶつ切りにされていたので少し迷うこともあった。

 

稜線は真冬のような寒さで、最近ポカポカ陽気で忘れていた「指先がかじかむ感覚」を味わった。

山頂からの下りはAMGらしい狭々テクニカル根っこ祭り。

雪解け直後&春一番翌日ということで、かなり荒れていたら嫌だなーと最悪のコンディションも覚悟していたが、それに比べれば路面は穏やかであった(何箇所か新しい倒木がありましたが)。

久々に長いトレイルを満喫して下りきった。

f:id:xalakawa:20180302132144j:plain

I上の新しいサスは、前の持ち主がダンパーを交換した上で譲ってくれたものにも関わらず不具合があったので明雅屋さんに入院することになった。

次から次へと全国からサスの修理依頼が舞い込んでおり、サスの救世主のようだ。