トレイルライド日記

元・京都の某大学理系院生で、2018春から関東でサラリーマンをやっておりますMTB好きの生活記録です。MTBは29erのXCバイク(2018年6月まで:Scott Scale 940 2013 2018年8月移行:Rocky Mountain TrailHead 940 2017)しか持っていません。MTBはメカいじりよりも、乗り倒すことが好きです。体育会サイクリング部出身で、色々なトレイルやダートに遠征に行くことが特に好きです。

2/14 K見林道練-グリコ男岩コジカ

トレーニング欲が高まっているのでK見の林道へオフロード練へ。

本当はT山林道へ行こうかと思ったけど、朝が京都市街地で-2℃な上に標高700m級の稜線ダートは凍結していたらシャレにならないので、近場へ行くことにした。

K見ダート林道の適当な箇所を4回登って3回下った。

倒木が何本かあったが、あまり太くないので自分一人でも処理できそうだった。

今回はセンター縛りで登ったが、雪解けで新しくこぶし大の岩がゴロゴロしていることなんかも影響して、ただでさえライン取りの難易度アップ。ドライだったのがまだ幸いだった。夢中で登った結果、手にマメが出来た。2時間ぶっ通しで集中してチャレンジ登りに延々と取り組むという状況はあまり経験したことがないとはいえ、あまりに強く握り過ぎるのもマメが出来た原因だろうか。

この林道は久々に来てみたら面白いと思えたので、明日も来ることにした。

その後、これまた久々にグリコ-男岩-コジカを繋いだ。

グリコは昨年10月の台風21号の影響で一時荒れまくったらしく、所々でトレイルが記憶にない改変を受けていた。

f:id:xalakawa:20180214173833j:plain

男岩は1年ぶりくらいかも。前回か前々回に来た時は、ザラザラ激下りセクション(旧駱駝岩の少し先)で前転して右手人差し指をぶつけ痛い思いをした苦い過去がある。

だが今回はサスがちゃんと機能するので、このセクションを含め、いずれのチャレンジスポットも落ち着いて望めばちゃんと足をつかずに攻略できた。

が、終盤の上り返しだけは何度やっても失敗した。

 

最後にコジカにちょろっと寄って終了。