トレイルライド日記

京都の某大学理系院生によるMTB要素100%の生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。理系院生なのに数値管理意識が全然身についておらず、横着さも祟った自業自得なメカトラに見舞われることもしばしばです。体育会サイクリング部出身の名残で、たまにツーリングにも行きます。

1/7 コジカ、D(NZ)

昨日の反省を生かして、今回は空気圧計持参でトレイルライドへ。

前タイヤ1.6bar、後タイヤ1.8barで開始し、トレイルを走る中で自分にとって最適な空気圧を探ることにした。

行き先は、こういうテストライドに持ってこいな感じのプチトレイルである小鹿トレイルへ。

年始ということもあり、北野天満宮詣でで北野白梅町周辺が参拝客と車で滅茶苦茶混雑していた。

 

小鹿トレイルのチャレンジ登りは、今回はセンターギア縛りで登ってみたが、登れる所と登れない所が半々くらいだった。特にゴミセクションは難しくて全押し。

 

1時間程度、空気圧を適宜調整ながらコジカ周辺を走ってみて、最終的に前タイヤ1bar、後タイヤ1.7barが自分にとって適当だとみた。

前タイヤはやはり抜きすぎだと思われるが、自分の走り方だとこれくらい落とさないとダメだった。

 

その後、満を持してD(NZ)へ。

ちゃんとしたペダルを導入したばかりなので、ペダルのソールへの食いつきも抜群。

ちゃんと探り当てた適性空気圧で、昨日よりスムーズに下れたと思う。

走る楽しみの幅が一層広がったなぁ