トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

7/22 夕ライド(ゴエ)

MTBに乗ることから最近距離を置いていた感が否めず、リハビリも兼ねてゴエトレイルへ。

ゴエトレイルは、5月末頃、就活終盤で色々と気分が滅入っていた時に、久々にリハビリを兼ねて行ったら精神衛生にとても良かったという思い出がある。

2ヶ月くらい前のことか...。

あの時は就活のストレスのはけ口としてMTBに乗り、内々定をゲットしてからしばらくはモチベがあって乗っていたけど、梅雨空で物理的にMTBと距離を置く期間が続いてから、そのうちに精神的にも距離が出来てしまったようだ。

とにかく、2ヶ月前にゴエトレイルに行った時は、2週間MTBに乗っていなかったにしてはかなり乗れていたのだが、それに対してこの日はアプローチのガレ林道では足をついてしまうし、思ったよりも登りが長くしんどく感じられ、体がかなりなまっていると感じた。

あと、麓のコンビニで菓子パンで腹ごしらえしてすぐ登ったので、気分も優れなかった。前回のヒノトレイルの時ほどではないが、幾分気持ち悪い感じだった...。

肝心のゴエトレイルは、前回に来たときの倒木がそのまま残っていた。ノコギリを発動したが、思ったより太く、また一人では叶わない相手だったので、途中で諦めた。

チャレンジ登りもふるわず足をつき、かなり体がなまったなーと危機感を持った。

だけど、今までみたいにガツガツ乗りたいとは思わないんだよなぁ...。

蒸し暑いのが、乗りたい気分を殺ぐ大きな原因かも。

昨年の今頃も、そんなに乗れてなかったみたいだし。

Blogでライド記録をつけてると、こういう昨年の傾向が分かるのが便利だ。

 

体力やライドスキルがなまってしまったが、これからもボチボチ乗ろうと思います...。

てかゴエトレイルの直後にヒノトレイルに行っていた、数ヶ月前の自分の体力は何だったのか感があって、割と愕然としてます....。