トレイルライド日記

元・京都の某大学理系院生で、2018春から関東でサラリーマンをやっておりますMTB好きの生活記録です。MTBは29erのXCバイク(Scott Scale 940 2013)しか持っていません。理系で院まで進んだのに実生活では数値管理意識が乏しく、横着さも祟った自業自得なメカトラに苦しむこともしばしばです。MTBはメカいじりよりも、乗り倒すことが好きです。体育会サイクリング部出身で、色々なトレイルやオフロードに遠征に行くのが好きです。

4/23 IO谷峠~セリタキヒノ

この日は3月末に残雪で撤退した林道をリベンジ。

この林道を走るのは1回生以来の5年ぶりだ。

アプローチで延々と川沿い舗装路微アップ(後半は斜度倍増)をしなくてはならずダルいというのが、近づきにくかった理由だった。

f:id:xalakawa:20170423204815j:plain

久々に走ってみると、高度があり非常に気持ちいい上に、路面の感じなどが王滝そっくりなことに気付いた。

雪が解けてあまり日が経っていないため、ガレがキツく石の角が立っているというのがそれっぽくしている要因だと思われる。

卒業までにもう一度くらい走りたくなってしまった。

その後はIO谷峠から担いで稜線を走ってセリタキヒノにつないだ。

途中、タキから三角点のあるK山へダイレクトにつなぐルートを発見できて嬉しかった。