読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

3/16 朝ライド(D(OZ)~178~陵)

最近の自分としては珍しく早起きに成功したので朝ライドへ。

久々にウェットコンディションでのトレイルライドだった。

ウェットになった途端、今までと同じトレイルとは思えないくらいにチャレンジ登りの難易度は上がり、根っこが牙を剥く。今までのドライコンディションでは何てことは無い登りセクション(むしろ乾いた根っこは上手く足がかりとしてフィットして味方してくれることさえあった)も「裏」ステージかの如く難易度が跳ね上がり、今日のライドはかなり苦しんだ。

もともと、リアタイヤはノブのインジケーターが完全に削れているくらいには磨り減っており、最近のトレイルライドで登りのチャレンジセクションがやたらと成功していたのは、単にドライな路面がこんなタイヤでもよくグリップさせてくれていたことによるものであって、自分の力量が上がったというのは錯覚に近かった。

今日はウェットなトレイル登りではコテンパンにされました。

悔しいので何度か挑戦するために、上りかけの坂を降りるというのを繰り返す。

で、陵トレイル序盤のチャレンジ坂でそれを繰り返していたら、下りの時に横着をして体勢を崩して落車。局部の少し上にハンドルのグリップが突き刺さるように当たり、痛さの余りに周囲を走り回ってしまうくらいだった。

他にも下りに関しては、1週間乗ってなかったのと、久々のウェットな下りのために明らかにヘタになってた、というか雑になってた。

サスのダンパーが死んでいるので、下り系トレイルはこれからも暫く行けない。これから毎度の登り系トレイルライドに(必然的に)くっついてくる下りを一層丁寧なライン取りで下るように心がけねば...。