読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

2/8 昼ライド(トモミ、D(茶畑)メンテ)

この日は午前中に後輩のI上とトモミトレイルへ。

が、最初の土手登りで、先行していた自分がリアを空転させてしまいもたついた事などから、すぐ後ろについていたI上が斜面上で止まってしまい落車。ビンディングが外れないまま斜面を転がり落ちて自転車が木にぶつかり、サドルのレールがぐんにゃり曲がってしまった。

いきなりすぎるトラブルに驚く。前回は自分が彼のシクロに乗って落車してしまうし、なんだか色々申し訳なくなった。

体感、小一時間ほど格闘して、二人でレールを曲げ直そうとしたが失敗。しまいには、サドル本体から一旦外したレールが、本体に戻らなくなった。

結局、直らないまま無理やりレールを3点中2点にねじ込み、案外いい感じだったのでトレイルは続行ということに。

トモミはやはりシクロ目線では難しい下りが多く、結構押してもらったが、このトレイルに好印象を持ってもらえたようで良かった。

また一人で来て練習したいとも言ってくれた。ここは近場で本格的なトレイルの登り下りの練習が出来る場所なので、どんどん練習しちゃって下さい。

東大路通の北端で別れてからは、先日迷ったD茶畑コースの探索へ。

D(B)トレイルの途中のトレイルの分岐箇所まで行ったら、なんと言う事は無く、前回間違えて下った方面の分岐とは別にちゃんとD茶畑コースへの分岐が存在した。前回はT字路だと思い込んでいた場所が、実は十字路だったのだ。

そこから記憶を頼りに走る。

2年前に走ったきりだが、相変わらずノリノリで好感触。先行者の轍もあり、ここを走る人がまだいることが窺えた。

途中で新し目のダート林道にぶつかってから、林道に寸断されたトレイルに復帰した所からは、トレイルがそこそこ荒れていた。

今回はトレイル探索が目的で、攻めたライドではないので、心ゆくまで落枝を取り除きメンテした。特に1箇所あるチャレンジセクションは何本か倒木が絡み合って落ちていたので、徹底的に掃除してチャレンジせざるを得ないコンディションにしておいた。

その後、放棄された茶畑を経由して思惑通り藤尾奥町に出た。

OHトレイルとのコネクションが最高なので、今度人を案内するときはこのルートで行こう。

 

下宿に戻ってから、夕方に研究室のメンバーと吉田山を軽くランニング。ウ○コを我慢しながら走ってる同期がクソしんどそうで面白かった。