読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

2/4 昼ライド(KRT東~MTR)

この日も朝ライドに参加しようと思ったら寝坊。

バイトの早起きなら出来るところからすると、お金という責任が絡まない限り自分は早起きが苦手なようだ...。

ということで12時頃出発でKRT東へ。

吉田からだと老ノ坂峠までのアプローチはかなり面倒。

たくさん車が通るアップ基調の国道をダラダラ登るのは精神的にも肉体的にも疲れる。

やっぱりKRTは亀岡方面からアプローチするのが断然楽だなあ。

KRT東はグッドコンディション。

先週クリア出来なかった箇所がクリア出来た反面、今回はクリアできなかった所も。

特に、前半にあるスイッチバック風のヘアピンターンは前回も今回も失敗。今回は斜面側に放り出され、恐怖心を植えつけられてしまった。昔は成功させていた場所だけにショック。

このトレイルは根っこといかに上手く付き合うかが要で、根っこのクリアという点で物凄く勉強になる。根っこの攻略がキモのチャレンジセクションが無数にあり、トレーニングという意味でも、このトレイルがもう少し自宅からアプローチしやすい場所にあったらなぁと思うばかりである。

KRT終盤の竹林セクションで、自分としてははじめてMTR林道方面の分岐トレイルをチョイス。

川沿いに下って、MTR林道のすぐ脇に出た。

そこから、2年前のGrandTrailKyoto以来のMTRトレイルへ向けてアプローチ。

だが林道には、雪害のためか比較的新しそうな倒木が無数にあり、ちょっと乗っては降りるを繰り返しイライラ。

時間もかかるしストレスフルだった。

これだけの倒木を全部処理するのは大変だろうなぁ。

林道終点からMTRトレイルに入るも、相変わらず倒木などの障壁が。

途中から順調に乗り進める。

だが終盤で住宅地に出るための分岐がどうしても分からず、何度も稜線を往復して疲れた。

結局、間違ったルートと分かりながらも階段を担ぎ下ろし、MTR林道に出て帰った。

MTRトレイルはアプローチの大量の倒木の影響で、この時期は行っても旨みが少ないなぁという印象を受けた。

そういえばMTRトレイル終盤にこんなセクションが。

 f:id:xalakawa:20170205170729j:plain

これは2年前のGrandTrailKyotoで紫の正規ルートでチャレンジし成功させた記憶があり、しかもそれほど苦労しなかった印象だが、今回チャレンジしても、最後の箇所のターンが狭すぎて成功出来なかった。この2年の間にこのセクションの状況が幾分変わったのだろうか。考えられるとしたら、2年前は画像中央付近にある、倒木を利用した路肩工が無くて、そこを下った可能性がある。

ともあれ、このセクションに着目したのは、実はウィスラーバイクパークのダブルブラックトレイル「Goats Gully」にまさにそっくりなセクションがあったからである。

本場よりもミニチュアスケールだが、本場には写真で紫で塗った感じのコース取りの正規ルートに加え、赤の直降ルートというか非正規ルートにも轍があり驚愕したものである。

ダウンヒルバイクのサスのストローク長と205mmディスクローターがあるからこそ行けるルートだなぁと感服したもので、実は今回自分はこのルートでも行こうとしたんだが、前転しそうだったので危うくストップした経緯がある。

以上、どうでもいいxalakawaの感想でした。