トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

12/17昼ライド(ゴエモンピストン~ルパン~S見峠)

久々にゴエモンへ。

今回はゴエモンを下らずに、稜線のアップダウン地獄をピストンするというトレーニング目的で行った。

2つ目の登り返しは、5月のグランドトレイル京都の時は割と惜しい所まで行けたイメージだったのだが、今回トライしてみた結果、足をつかずに行けるビジョンは遠のいてしまっていた。

また、その後の登りも1箇所、唯一の突破口浸食作用で崩れて行けなくなった箇所もあった。

無数に登り返しが続くので、どこで引き返そうかなーと思っていると、いい所に倒木があったので、そこで引き返す。

今まで登ってきた所が下りに、下ってきた所が登りになる訳で、新鮮だった。

が、どうにも乗って登れない箇所が多く、結局押してばっかだった印象でした。

その後H室の集落で、MKトレイル途中の見晴らしに行くためにある林道に入ったところ、番犬の柴犬に追いかけまわされ、這う這うの体で引き返した。職務に極めて忠実な番犬だった。

MKトレイルへの合流は諦めて、そのままルパントレイルへ。

久々のルパンは、楽しいが全下りのために一瞬で終わってしまう感じだった。

トレイルを出たところで16時過ぎだったので、その後トモミに行くか迷いつつ、とりあえずトモミトレイルの担ぎの入口であるS見峠まで行ってみた。

結局、トレイルで夕闇を迎えるリスクを考えて、峠からはトレイルには行かず、そのまま帰ることに。

途中でミノトレイル方面へ上るダートの分岐があるため、デザート(?)として、ミノトレイル出口までダートを80upほどした。

見た目に反してキツい登りだった。

ミノトレイル出口のドロップオフはグランドトレイル京都で落車した思い出があるので、すかさず押して登って再チャレンジ。あっけなく成功した。

で、来た道を下って、岩倉経由で下宿へ帰った。

ピストン要素の多いライドだったなぁ。