読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

9/17 朝ライド(AKT保津峡コース~ゆうこりん裏ルート)

半年振りくらいに朝ライドにお邪魔しました。

やっぱり複数人でワイワイ登ると、S明峠までの長いアプローチも苦じゃなくなりますね。

特に就職関係のことを、やまねこさんやtasano先生や皆さんと話しながら走れたことも精神衛生上とても良かったです。

ほかにもycr(監督)さんがツーリング(遠征)系MTBライドを好まれるということも知り、同志(?)が朝ライドのメンバーにいたのに驚いたり、名前はよく聞いていたぶらいあんさんと初めて一緒に走れたりしました。

 

今日のコースはmineさんによる企画。AKT保津峡コースはAKTトレイルの短縮周回コース。後半は道が狭々なスリリングかつテクニカルなトラバースコース。面白いです。

そういや前半の、恒例のチャレンジ登りは、今日は別にウェットでも無かったのに、「惜しい」とすら感じないレベルでの失敗を連発。以前は2つとも乗ったまま行けただけに、下手になりました。というか今日、全く足をつく危うさを見せずに見事に乗車したまま登ったmineさんは、もはや達人の境地に見えました。

さらに、自分としてはあまり面白いと思えなくなっていたゆうこりんトレイルですが、今日は普段とは違う裏ルート(昨年のカレーラリーで登りに使ったルート)を今日は下りました。

これがとても面白い。

基本的に1直線の、少しガレた下りなんですが、走りながら、完璧にウィスラーでのトゥーニーライドのノリになってました。というか、途中で「俺は今、ウィスラーでトゥーニーのコースを走ってるんだ」と錯覚してしまえた程です。

トレイルの感じといい、市街地からの近さ、標高といい、これは京都版トゥーニーライドがあったとしたら、真っ先にコース選択されそうな場所ですね。

...と思ったら、既にカレーラリーの名物コースでしたね、この山は。

ゆうこりん山の魅力を再発見できたライドでした。

帰京後、明雅屋さんに寄ってリアホイールを調べると、ハブのフリーボディがこんなことに。

f:id:xalakawa:20160917170732j:plain

帰国後に調べたらクラックが入っていたのは分かったんですが、それから3回トレイルライドに行ったらこうなったということです...。

いずれも激しめのライドだっただけに、むしろよく3回持ったというべきでしょう。

リムも捲くれ箇所が多い上に、スポークとニップルも初代ホイールのを流用している都合で伸びや強度劣化もあると思うんで、これを機に、この2代目リアホイールはお釈迦にすることにしました。ホントお疲れさんでした。

3代目を組むまで、しばらくはM田さんからお借りしたホイールを使います...。