トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

5/15 昼ライド(五右衛門~トモミ)

早起きしてATG~AKT~KRT(西)の、個人的な西山黄金コースに行こうと思ったけど、寝つきが悪く寝坊。

最近、この黄金コースに行こうとして、寝つきが悪くて未遂に終わることが立て続けに起こっているので、次は是非成功させねば...。

代わりに、先週のGrandTrailKyotoで久々に行ってみて気になった五右衛門~トモミに行くことにした。

木の根っこが多い、京都らしい狭々トレイルなんだけど、テクニカルなアップセクションが多くて、クロカンコースとして見るとなかなかいい練習になるコースである。

最近の自分は高速快適ダウンヒルトレイルに好んで行きまくっていたけど、たまにはこうしたトレイルに行って、「丁寧に下る」ことの練習をするのもいいと思ったのもある(狭々トレイルなので、丁寧に下らないとバーエンドが木にぶつかってコケる)。

K見峠の東のガレガレ林道を登って五右衛門トレイルにイン。

課題となっている2つ目の登り返しは、結局今日も乗って行けなかった。

絶妙に難しいんだよなぁ

後半の下りは超ドライで滑りまくり。

てか滑り落ちながら下ってた。

このセクションは、超ドライなコンディションでは、ヨナトレイル後半~最後の九十九よりも難しいかもしれん。

お次はトモミ。

いつもは前半は終始担いで登ってるけど、今日は前半で乗って行けそうな場所を吟味しながら、たまにチャレンジしながら行ってみた。だけど、チャレンジしても直後に担ぎ不可避なセクションが多くて、乗ったり担いだりの繰り返しが逆に面倒なくらい。結論として、トモミの前半は長い区間乗って行けそうな場所はほとんど無かった。

あとは丁寧に下って終了。