トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

5/8 GrandTrailKyoto2016参加

今日は京都MTBerの中でも著名な、朝ライドのTKP氏主催のGrandTrailKyoto2016に参加。

マラソン形式で京都のトレイルを7本つなぐロングライドイベントです。

昨年春は西山方面で、今回は北方面。

昨年は個人的に初めてのトレイルばかりだったので最後までご一緒させていただいたんですが、今回は全部行ったことがあってなおかつよく知ったトレイルだった上、ルール上は先行することが問題ないようだったので、自分を追い込んで全力で走りきることを目標にしました。

今回は補給食は自前のおにぎりと海苔を持参。計2.5合分くらいの米を使った4個のおにぎりに加え、チョコレートシロップも持参。これを飲むと、のどは渇くが糖分はクイックチャージされる。

 

当日は朝6時に福王寺セブンを出発。

f:id:xalakawa:20160511011201j:plain

いきなりすぎて少しためらったけど、交差点過ぎてすぐ「先行します」とTKPさんに宣言し、先行させていただきました。

①M山トレイル

入口はじまってすぐのチャレンジ坂は超ガレガレのダート激坂で、正直言ってNノ瀬ユリのダート林道より難しいと思う。足つきが悔しくて3度チャレンジしたけど、ウェットなガレガレ林道ではどうしてもリアタイヤがスリップしてしまい、足つき0で登り切るのは断念。一番最初の九十九箇所からは多少路面が穏やかになるので、そこからは頑張って乗車。朝ライドの方々が以前、この直登ルートの倒木を片付けてくださったので、乗車したままかなり進めた。

林道に出て、終点からトレイルにイン。M山トレイルは前半がなんだか関東や信州のトレイルっぽい感じが若干するなあと思ってたけど、それは京都のトレイルでは珍しく下草が茂っているからだと気付いた。大抵の場所は鹿に食われちゃってるんだけど、ここは残っている。

山頂には7時10分に到着。ここからの下りではスピード出し過ぎてコケることが今までに何度かあったので、無理しないスピードで下る。

②グリコトレイル(逆走)

国道に出て、最初間違えて男岩方面への林道をアップしてしまうも、すぐ気づいて引き返し、国道を北に4kmほど進んで正しい林道へ。

グリコトレイルの逆走は初めて。

f:id:xalakawa:20160511011146j:plain

意外とあっという間に終わった。

③五右衛門トレイル

K見峠南側のすぐ下がグリコトレイル逆走の終点で、そこから50upほどして峠へ。そこからトレイルイン。一瞬林道と交差する直前のドロップオフは、今になっても少し怖い。

f:id:xalakawa:20160511011224j:plain

久々の五右衛門は2つめの登り返しが、今までの自分は「フラットペダルの限界」と称して成功した試しがなく、いつも諦め半分の挑戦だったけど、今回は最大傾斜の部分を突破できた。で、浮かれて興奮したらリアタイヤが空転して足つきorz

だけど近いうちに乗って登れそうなビジョンが見えてきた。

④セリタキヨナ

4本目のトレイルというけど実際はトレイル3本分くらいの密度がある長大なトレイル。

f:id:xalakawa:20160511011241j:plain

セリの峠直後の直登はいつ来てもしんどい。

セリトレイルの登り返しは全て乗車したまま突破できることが実証できたのは良い収穫だった。

その後のタキトレイルは久々に来たためか楽しみながら下れたし、ヨナトレイルも前半の登りで足つき回数を減らしながら登り切ることができた。

f:id:xalakawa:20160511011310j:plain

AMGトレイル

f:id:xalakawa:20160511011258j:plain

10時28分に2ndCPのコンビニを出発しAMGへ。まずM峠まで登る舗装路で足の疲労を感じ始め、「これぞ耐久イベント...」という感じがし始める。

f:id:xalakawa:20160511011343j:plain

AMGトレイルはこの時間、ちょうど正午前のためかハイカーさんが多かった。

AMGトレイルは、今までのイメージは「乗って登れない登り返しが多い、長大でダルいトレイル」というイメージだったけど、久々に来てみたら、今の力量で乗って上がれる場所がかなり増えた気がする。手ごたえを感じながら登り切れるのは気持ちいい。中には乗って登れない場所もあるけど、そんなに距離は長くないので、押しは思ったほど面倒には感じなかったし、次は登れそうなビジョンも見えてくるので、精神的には苦痛ではなかった。

f:id:xalakawa:20160511011331j:plain

力量の進歩に加えて、3月に長野の方々との交流ライドのために朝ライダーの方々が倒木を片付けたりとメンテをしてくださったので、乗って登れる場所が増えたというのもあると思う。

そんなわけで、5本目のAMGトレイルは、長大な距離もそんなに長いと感じないくらい楽しく下れた。

⑥ミノトレイル

自販機で補給(今日はじめてのお金を払っての補給)をしてから、先日の下見の成果を発揮してトレイルイン。

山頂手前の担ぎは、疲労に加えて後ろからハイカーさんの集団の行軍があるというプレッシャーを感じており、しんどかった。

山頂からの下りはスピードを出さずに丁寧に下った。

だけど最後の方は集中力が切れてきたためか、林道との合流地点のドロップオフで、腰を引くのが遅れた上に、横着してあまり下げていなかったサドルにレーパンが引っかかったために前転。膝から落ちそうになって「ヤバい」と思ったけど、気づいたら地面に尻もちをついて、脚の上にMTBが落ちてきた。落ちる時どうしたかはあまり覚えていない...。膝は少し打ったようだった。幸い自転車は無事。今一度気を引き締めねばと思いつつ、最後のトレイルへ。

⑦トモミトレイル

 序盤の担ぎセクションは一歩一歩丁寧に担いだ。

その後の登りのチャレンジセクションも、ここまで全力で来たからにはということでチャレンジした。途中、チェーンがスーパーローに落ちて、元に戻すのに苦労した。

f:id:xalakawa:20160511011404j:plain

最後の九十九もコケないように丁寧に下り、トレイルは終了。そして13時48分、岩倉幡枝のセブンイレブンにゴールイン!

f:id:xalakawa:20160511011423j:plain

13時台にゴールできるとは思っていなかっただけに、達成感を満喫しながらモナ王を食らう。

 

主催者のTKPさんに報告した後で、なんだか自分だけ大会の趣旨をガン無視して走った感があることに申し訳なさを感じてしまいました...。

来年は「自分との闘い」なんて言わずに皆さんと一緒に走りたいと思います。

なぜか7本終わってみると、帰宅途中にDMJにでも行けそうな元気が湧いてきた。

がしかし、家で風呂入って仮眠して起きたら全身がこれでもかという筋肉痛でしたとさ。