トレイルライド日記

元・京都の某大学理系院生で、2018春から関東でサラリーマンをやっておりますMTB好きの生活記録です。MTBは29erのXCバイク(Scott Scale 940 2013)しか持っていません。理系で院まで進んだのに実生活では数値管理意識が乏しく、横着さも祟った自業自得なメカトラに苦しむこともしばしばです。MTBはメカいじりよりも、乗り倒すことが好きです。体育会サイクリング部出身で、色々なトレイルやオフロードに遠征に行くのが好きです。

4/2 夕ライド DMJ(雉~ダム女)

今日は丸一日使ってM床山に行こうとしたけど、最近の昼夜逆転に近いスタイルの影響で寝坊。結局、夕ライドでDMJへ行くことに。

まだ15時台だったので、人が少ない雉コースを選択。

ここの下りの激坂は、前回の初見状態で乗れなかったので再チャレンジもしてみたかったのである。

結果は...。これは足つき0で行くのは無理ですわ...。

京都のトレイルで最難セクションではないか。

男岩トレイルの、男岩の手前の激下りをさらに狭く、蛇行させた感じだ。

止まれないままカーブで木にぶつかり、放り出されるビジョンしかない。

その後の九十九もまた難易度が高い。

久しぶりにコケまくったトレイルライドだった。

たぶん雉トレイルにはもう行かない。

 

雉の後は再び山頂方面に行ってからダム女方面へ。

途中の前方に視線をやることと体重移動をちゃんと意識するようになったからか、ドロップオフも今までに比べて楽にこなせるようになった。

ダム女トレイル終盤の激下りは、前方に視線をやることが意識できていないとコケやすいトレイルだと気付いた。その点でいい練習になるトレイルだと思う。

出口の哲学の道は、縁日じゃないかと思うくらい人がたくさんいた。

そういや桜の季節だったなぁ