トレイルライド日記

京都の某理系院生によるMTB要素強めの生活記録。29erのXCバイクを駆った、良くも悪くも力技なライディングスタイルしか能がありません。たまにツーリングに行きます。

6/21 S父谷峠~S敷ヶ岳~反射板林道~T呑峠&F見坂&U月坂登りチャレンジ~E坂峠~ゴエ

京都北山の大森集落は、極めてテクニカルで足をつかずに登ることが困難なダート林道の宝庫である。梅雨空が戻る前の最後の日ということで、7時間ほどのライドに出掛けた。

まずr61号を北上する。r61は洛雲荘から先が、単調な川沿いアップでしかも傾斜がキツくて辛いのであまり行きたくないが、諸々の事情でこの道を通らざるを得ない。

舗装の終点ではいつ来ても心拍がヤバくなって「空気圧調整」という大義名分の下で一休みしてしまう。本当に辛い道である。

未舗装になってしばらく進んだ所に、Wolf峠へ向かうブル道の分岐があるが、これが実は昔は写真に加筆した感じに橋が架かっていたのだそうで驚き。しかも木製。傾斜など、今考えると無茶苦茶である。

f:id:xalakawa:20170620222142j:plain

f:id:xalakawa:20170620222156j:plain

先に進み、S父谷峠付近は伐採地に緑が生い茂り、一見して北山っぽく無かった。

f:id:xalakawa:20170620222211j:plain

そして担いで登ってS敷ヶ岳へ。途中で城丹国境尾根に合流してからは尾根上を進むが、昨年10月に来たときの印象と違って、倒木やトレイルに張り出したアセビなどの低木が邪魔で邪魔で、思ったより押しが多くてストレスフルだった。

そしてS敷ヶ岳目前の長めのチャレンジ登りは失敗。以後、この日のライドでは、ほぼ初見のチャレンジ登りの成功率が低くて色々と渇を入れられた感じだった。

S敷ヶ岳山頂から、トレイルを少し進んで荒れた林道に合流。

f:id:xalakawa:20170620222233j:plain

尾根上に鉄塔や反射板を運ぶために作られた作業用林道らしいが、これが荒れ荒れなダートな上にまとまった標高を獲得する、チャレンジし甲斐がある林道であることに数ヶ月前から気付いて目をつけていた。この日のライドでは、分岐が多くて下から登る際に迷いやすいというこの林道を、上から降りて分岐箇所を把握した上で、一番下から登りチャレンジをすることが第一の目的だった。

で、下見ということで下るが、かなりガレている上に所々にキツい傾斜がある。

f:id:xalakawa:20170620222251j:plain

おまけに、かなり長い期間続いた晴れで路面は乾燥し切っており、締りが全然無い。

だが、ATG林道と違い、所々に緩やかな斜度のトラバース区間などの安寧区間があり、自転車で登るのはまだ現実的ではないかと思われた。

f:id:xalakawa:20170620222355j:plain

f:id:xalakawa:20170620222429j:plain

250downほどして、よく手入れされた林道に合流。チャレンジ区間はここからスタートということかな。

そして、チャレンジ登り開始。

f:id:xalakawa:20170620222409j:plain

...しかし、まず一番最初の坂が登れない!

登れる斜度なのに、乾燥し切った路面が全然締りが無くて踏ん張りが利かない!

4回ほどチャレンジしたけど、この一番最初の登りすら攻略できないまま敗退。

とりあえず路面のせいにして、今度またチャレンジに来よう...。

下りながら下見した感じ、M山直登林道よりも、横峰峠よりも確実に難しく、自転車で登れそうなダート林道としては最強クラスだと感じ取った。

京都にいる間に登りきれるかな...。

とりあえずよく手入れされた林道を下る。とはいえこの林道も結構標高を稼いでいる林道で、途中の景色も良かった。

f:id:xalakawa:20170620222511j:plain

大森集落に降りてから、積年の無念を晴らすべくT呑峠南側にチャレンジ。

毎年1回くらいのペースで登りチャレンジしてる気がするけど(毎回失敗)、この峠南側のダート区間が、距離は短いが急勾配な上に拳大の石がゴロゴロする河原のような路面、しかも路面に水が流れているという凶悪かつチャレンジングなダートである。

今回はいけるかなーと思ってチャレンジ。

結果、遂にこのダート区間を足をつかずに登りきれました。

ただ、一発ではいかず、途中の最難区間を、単体で3,4回チャレンジしてライン取りを叩き込んでから登った結果で、こういう坂を初見で登ることの難しさを改めて思い知った。

f:id:xalakawa:20170620222535j:plain

f:id:xalakawa:20170620222618j:plain

積年の無念が晴れた今、もうこの峠に来ることは無いだろう...。

続いてF見坂の登りにチャレンジ。

3年前にフル装のシクロで突っ込んで押し一徹だった覚えのある林道だった。

正直、大ボスのT呑峠に対して、距離も短く標高も低いF見坂とU月坂は手下くらいの難易度じゃないかな...とか思ってたら、F見坂は全くバカにならない難しさでした。

特に1箇所、最急勾配区間なのに路面ではゴロタ石がほとんど落ち葉に隠れている、という場所があり、ライン取りという点でかなり難しかった。

f:id:xalakawa:20170620222635j:plain

T呑峠の一番難しい箇所は、オフロードバイクの轍の箇所を基本的には辿れば良かったが、F見坂はマイナーで轍が全然無く、自分で考えてライン取りを決めなくてはならない、という点でも難しかった。

結局、この一番難しい箇所を5回くらい挑戦してなんとか突破し、そのまま峠に到着。

このダート区間を一番下から足をつかずに登るのも今後の課題かな...。

続いてまた大森側に舞い戻って、今度はU月坂へ。

しかし、U月坂は途中で路面消失系崩落でチャレンジそのものが不可能な峠だったため、崩落箇所で撤退。

f:id:xalakawa:20170620222653j:plain

そしてまたまた大森集落に戻り、E坂峠を登って真弓集落へ向かった。

E坂峠も、終盤の九十九は足をつかずに登れるような坂なのに、悔しい足つきを連発。

滅多に来ないトレイルの登りを、ほぼ初見で臨むと、こうも簡単に足をついてしまうことに自分の未熟さを思い知った。よく行くトレイルで、チャレンジ坂で何度も失敗して最適ラインを見出して成功率を上げるという今の自分のやり方では、初見に近いチャレンジ登りでの成功率を上げることにはあまり結びついていない気がした。とにかく、最近自分がチャレンジ坂の成功率が高いと思っていたのは、単によく行くトレイルで突破口となるラインに見慣れているだけだったことが分かり、常に前を見て正しいかどうかは分からないライン取りを一瞬のうちに判断しながらそのラインを一気に極める、といった経験が不足していたと感じた。言うなれば、数学や物理の問題で、公式を暗記して思考停止で公式に放り込んで問題を解くことを繰り返すうちに、「数学の力がついた!」と思い込んでいる状態に似ていると言おうか。

今後は、初見のチャレンジ登りも高い精度でガンガン登れるような「実戦的」な「応用力」をつけたいと思う。よく行くトレイルで慣れたチャレンジ坂を登るトレーニングでは、基礎力の維持までしか出来ないからなぁ...。

下りと違ってごまかしがほとんど効かず、中途半端なことをすれば即足つきとなる、オフロードのチャレンジ登り。そのシビアさと難しさを、僕は面白いと思う。

f:id:xalakawa:20170620222709j:plain

真弓に出てからは当初の予定のMKには行かずに、H室集落を経由してゴエへ。

倒木処理をするためだったが、太い倒木だったにも関わらず既に一刀両断されており、ほえーってなった。

処理して下さった誰かさん、ありがとうございました。

 

 

6/17 1泊1日ライド(マキノ~深坂越~敦賀~サイクリング部12年TQRコース~武生~r248~R476~大野~岩屋林道~河内南谷林道~大聖寺)

就活明け、実に7ヶ月ぶりに輪行して遠征サイクリングへ。

チャレンジ坂を突破するスキルやパワーはついたが、長時間、ひいては丸一日走るための体力はすっかり衰えていたので、あえてショック療法として、負荷の大きな遠征へ行くことにした、という経緯がある。行き先は北陸をチョイス。本来は紅葉の時期に行く予定だったが、適度に近くて行きやすいということと、一刻も早く体力を回復したいという思惑で、金曜のお昼に「明日の土曜日丸々使って走ろう」と決意。金曜の20時台の電車でマキノまで行って道の駅で仮眠し、土曜を使って走った。

結果は、深坂越トレイル込みで170km+岩屋林道&南河内谷林道(ルートラボで反映できなかった)で、トータル200kmくらいかな?これを朝5時30分~18時の、トータル12時間30分の行動時間で完走。

結果としては完走できたものの、終盤のメインディッシュの岩屋林道までは完全にダメダメ。というか、「一泊分の荷物を全部詰めたザックを背負う」&「丸一日走る」ということを半年以上振りにするというだけでも負荷が大きい上に、せっかく長距離ライド向けに体に最適にフィットしていたザックの各部分のヒモの長さが、雑な管理のせいでバラバラになっており、走って10kmもしないうちに腰が痛くなったり肩が痛くなったり...。腰が痛いというのは、昨秋アホのように遠征に行きまくっていた際には無かったトラブルなので、ショルダーベルトなどで絶対に最適な長さがあるはずである。だから、腰が痛くなると、その度に止まって、ザックの調整を繰り返したので、特に武生まではちょっと走っては止まってを繰り返して、「本当に完走できるんか?」と不安しか無かった。

序盤は他にも、昨日変えたばかりのシフトワイヤーでトラブルがあったりと散々で、深坂越はいいトレイルだったものの、心に余裕が無かったために心の底からは楽しみ切れず勿体無かった...。ただ、このトレイルは滋賀側からアプローチした方が、全く押さずに福井側のノリノリダウンヒルを楽しめるので断然オススメ。

f:id:xalakawa:20170618163116j:plain

f:id:xalakawa:20170618163128j:plain

敦賀から北東に行った、木の芽峠トンネルから先は、池田町まで、自分が所属している大学サイクリング部の2012年の耐久ラン(TQR)というレースのSコースと被る。総走行距離313km,獲得標高4000m超の伝説のコースだ。この年、自分は体調不良でSコースを完走することはおろか2ndCPにすら辿りつくことすら叶わなかったが、当時のコース説明会で、早とちりした自分は、自分のツーリングマップル上に「まだ走っていないのに」忘れないようにという理由でコースを事前にマップル上に青線で塗ってしまうという罪を犯していた。そしてその後、毎年1度のペースで、自分が走れなかったが既にマップル上で「走ったことになっている」区間を事実とすべく、過去のレースの亡霊を追いかけるように、当時のコースを断片的に走ることを繰り返していた。

今回のライドは、そうした活動の締めとして、5年の歳月をかけた結果の最後の断片を実走することも重要な目的の一つだった。

そして、淡々とそのコースを走ったが、途中で3ケタ林道が入り組んだ場所で道に迷って堂々巡りしたりと、5年前に皆を苦しめた亡霊に今更悩まされたりした。

途中で武生バイパスのコンビニで休憩。このバイパスからはなんと、雪を冠った白山がドーンと見えてモチベーションが上がった。また、奮発して500円のナポリタンも食して元気を出した。

そこからは、これまたTQRのコースだった福井県道248号へ突入。離合区間が一切無い、完全1車線の杉林の中の道だ。

f:id:xalakawa:20170618163220j:plain

人工林内の下層植生が軒並みニホンジカに食い荒らされている京都北山を見慣れている身としては、緑が滴るかの如く草や低木が繁る人工林は、見ていてホッとする。途中まで完全舗装だが、池田町側はちょこっとダートが残っていて満足した。といっても、細かい砂利の、よく手入れされたダートだが。あとこの道は明治馬車道の影響を受けているのではないかというくらいマイルドな斜度の九十九が穏やかな林中に続いているのが印象的だった。

f:id:xalakawa:20170618163237j:plain

その後R476をひたすら進む。よく考えたら京都のサイクリストに馴染み深いR477の一個前の国道なんだなぁと思うと親近感が湧いた。

マップル上では紫でおすすめされてはいなかったが、後半の小さな峠越えは、2つ目のトンネルを出た先に越前大野の平野がドーンと広がっているのは予想外で感動した。

f:id:xalakawa:20170618163332j:plain

f:id:xalakawa:20170618163344j:plain

f:id:xalakawa:20170618163355j:plain

嶺方峠みたいなサプライズだった。この道は良いです。あと、途中においしい水が湧いていて、水不足だっただけにとても救われた。

f:id:xalakawa:20170618163407j:plain

こういう、地元の人が使うようなスポットで思いがけず恩恵を受けて旅が出来るというのが、自転車ツーリングの魅力でもあるよね。

その後、国道で勝山を一気に走る。大して面白くも無い、平地の国道移動区間を午後に走るので、「向かい風吹きそうで嫌だな」と思っていたが、嫌な予想通り向かい風バンバンでキレそうだった。

で、このサイクリング最後のメインの岩屋林道のふもとに到着。便利なことにコンビニがちょうどあったので休憩。この時点で140km近く走っており、時間は14時30分。

昨晩の時点では、ここに13時くらいに着いてるかなーと思っていたが、ザックで腰が痛くなったりしたことでイチイチ止まったこともあり、かなりペースが遅れていた。

ふもとからはるか上に山襞を巻きながら登っていく道が見えて興奮した。

f:id:xalakawa:20170618163425j:plain

そして岩屋林道へ突入。

キャンプ場からダートが始まったが、すぐに新し目の舗装に。正直な話、朝イチで行った深坂越えからの110kmほどの間は、MTBのメリットは皆無と言っても良く、MTBの優位性をほとんど発揮できなかったために、この岩屋林道にはガレという要素で期待をしていたた。そんな中で舗装化が進行しているのにガッカリ。このままでは重いものを背負ってMTBで舗装路を苦しみながら爆走しただけになってしまう。

だが、途中から流れが変わり、今度は逆に、当初予想していなかった程にガレ始めた。

f:id:xalakawa:20170618163448j:plain

f:id:xalakawa:20170618163729j:plain

f:id:xalakawa:20170618163741j:plain

f:id:xalakawa:20170618163752j:plain

f:id:xalakawa:20170618163803j:plain

ガレというか廃道と言うのが正しい。 

ここからはMTBの優位性をフルに発揮して、シクロでは押し一徹な場所を乗車でゴリゴリと登った。幸い、オフロードバイク1台分のスペースはどこも作られていたので、突破口に困ることは無かった。

16時を過ぎても一向にガレ場が続き、この先に下りで使う河内南谷林道の状態などが未知数なため、終電時間の兼ね合いなどで不安を感じなくは無かったが、一転して想像を遥かに越えるガレ具合で、山襞を豪快に巻きまくる林道をMTBで走ることはとても楽しかった。この区間を乗車して楽しみながらツーリング形式で走るのは、MTBにしか絶対に出来ない芸当なので、MTBで来た甲斐があった!ということで今までの努力が報われた気がして嬉しかった。

f:id:xalakawa:20170618163818j:plain

そうこうしているうちに頂上に到着。キャンプ場から、2,3回休憩をして90分で着いた。いやー道の感じは、(行ったことないけど)塩◎道路みたいでエキサイティングでした。「北陸の塩◎」を名乗ってもいいと思う林道でした。

f:id:xalakawa:20170618163833j:plain

峠に着いた時点で16時30分。秋にツアーをしていたらアウトな時間帯で、情けない話だが、1年で最も日が長い月だという事実に助けられながら下る。

河内南谷林道に合流するまでの束の間の下りでリアのスポークが折れた。リアのスポークが折れるのはこれで3本目である。明雅屋さんのプロアスリートの前田さんが1年間酷使した上で自分が引き継いだホイールで、元は完組みホイールのはずが、度重なる修理のために明雅屋メカニックの松永さんの手が入りまくり、今や手組みホイールのような扱いと印象を受けている。このこともあって走行に支障が出る程のフレでは無かったのが幸いだった。

河内南谷林道に合流してからは50upほどして、自転車でまだ走ったことの無い石川県に突入。幸い、全舗装林道で快適に下れた。山深く孤立した場所なので、これがガレガレだったら、いつ頃に下界に降りられるか...ということで不安だっただけに、本当に良かった。というか、元はもっと明るい内に下れるだろうということで下調べをほとんど全然していなかった自分が悪いのだけど。

しっかし、路面堆積物や水溜りがある、こういう細い舗装林道を下る上でも、一文字バーハンドルと油圧ディスクブレーキと太いタイヤのコンビネーションは、快適に、確実に制動させながら下れるという点で最高だね。普段の京都生活では、意図して舗装路をMTBで下る局面が「ほとんど」無いために、ツーリングではこうした点にも気付けるのが面白い。

川沿い微ダウン、体感かなり長めの林道を下って、ようやく人の営みを感じる県道へ。

だが相変わらず山深く、そこからダム沿いを走って山中温泉まで行く道のりは相変わらず長く感じられた。

結局18時に道の駅山中温泉に着いて、風呂に入ってから大聖寺駅へ。風呂のあとも10kmは走ならなければならないので、風呂では仮眠せずに向かった。

f:id:xalakawa:20170618163847j:plain

終電も3回乗り換えがあり、眠ってしまうとアドレナリンが切れて牛のような歩みしか出来なくなることは経験上分かっていたので、ガッツリ眠らないようにして終電輪行を無事に終えた。

 

実はこのサイクリングは、ルートラボで距離を調べることも無く、サイコンも無く出掛けたので、こうして帰ってきてから距離を調べるのは、順番が間違っているが「何キロ走ったのかな」というワクワク感があって、それはそれで面白いな、と思った。ともあれ、そろそろサイコン買おうかな...。

 

 

6/15 M山直登林道~ATGAKTKRT(担ぎ→東)

就活明けトレイル第2弾として、ロングめの黄金コースへ。

朝9時15分出発だが、この時点で既に暑い。長距離トレイルを走るのは久々な上に炎天下が予想されるので、完走できるかなーと一抹の不安を感じつつも出発。

M山直登林道は、どうしても足をつくことになる1本の倒木をノコギリで処理するために行程に組み込んだが、行ってみると倒木が何本も。結局、当初の予定の倒木+新しい倒木を2本、切断して処理したけど、1人ではどうにもならない大きな倒木が1本あって、それは動かせなかった...。

いつかはこの廃林道を麓から、終盤の崩落地点まで足をつかずにいきたいだけに、この大きな倒木もいつかなんとかしなくては...。

 

その後のATGトレイル前半は、今回も最後のほうまで足をつかずにいけたが、最後の登りで集中力が切れて前輪への荷重をおろそかにしてしまい、前輪を掬われて足つき。集中力が切れると、なんでもないところで足をつくことが自分の場合結構あるけど、そういう時は大抵、前輪へ荷重をかけるのがテキトーになって、前輪が石ころや締まりの無い路面に掬われやすくなっているからだと気付いた。

 

ATG下りは、前回来た時に大量にあった倒木がどけられていて感謝の極みでした。

その後AKTは途中の強敵なチャレンジ登りが久々に成功できてホクホクした。

 

AKTが終わってからはKRTへ。久々に担いでみたかったので、KRT登りを全担ぎして稜線の林道へ。担ぎ区間は恐怖を覚える一歩寸前なくらいの多さで虫にたかられた。この、全担ぎ終盤からMZ山山頂までは地味に難しいチャレンジ坂で、いけそうなのに今まで一度も成功したことが無い。馬堀側から250up全担ぎした末に辿りつけるチャレンジ坂ということで挑戦する機会が少ないことも、成功率が低い原因だろうが、京都を離れるまでに足をつかずに登りきりたいものだ。

 

稜線の林道を走り、最後はKRT東で締め。ヒストリカルな意味で正しくKRTをトレースしたコース設定となった。

京都屈指のテクニカルトレイルで、次々にアスレチックな難所が出てくるのを、一つ一つクリアしていくのが非常に面白い。特にこの日は成功率が高くて満足した。

M山の廃林道で倒木処理とかしたけど、結局6時間ちょうどくらいで帰宅。

 

ガレガレ、ロッキー、根っこ満載といった、サスに優しくないトレイルてんこ盛りだったけど、半年もリバウンド最速状態のサスを使っていると、カラダがそれを使いこなせるように順応するものだなぁと思った。すなわち、出来るだけ、出来るだけ衝撃が無いように、路面ギャップを避けた最速ラインを反射的にチョイスできるようになったり、といった感じに。あと、KRT東のような、「尾根上の平坦な場所や登りで根っこと対話する系トレイル」では、サスのリバウンドが早い方が小回りが利きやすく、狭いトレイル上で障害をクリアしやすいのではと思うようにもなった。反対に、「急坂でかつ大きな段差や根っこがたくさんある系トレイル」は、このようなサスで突っ込むと前転のリスクが恐ろしく高まるので(経験談)要注意。

今日もいい運動だった。

f:id:xalakawa:20170615210850j:plain

6/14 朝ライド(MKゴエ)

就活が終わってからはじめてのトレイル。

この日は明雅屋の前田さんをMKゴエトレイルへご案内。

MKトレイルの見晴らしからの下りはザラザラで危機感を覚えながらもなんとか乗車したまま突破。

前田さんはフルカーボンMTBで前転をしてしまったが、MTBを通して強い体を手に入れたことでほとんど無傷だったとのこと。それよりもまずポケットのスマホとフルカーボンバイクの心配をされていた。

ゴエトレイルでは2つ目のチャレンジ坂の一番斜度がキツい所に倒木が。

2年前のこの時期にも、同じ場所で倒木を見た気がする...。

この日はノコギリを持っていなかったので、近日中にメンテしなくては。

 

6/10 IO谷峠~セリタキヒノ

第一志望の会社の最終面接を終えて、精神安定と時間潰しのためにトレイルへ。

この日は、IO谷峠に行く林道として、今までに行ったことのないO梅谷の林道で行ってみた。

S谷林道のように沢に沿った容赦ない直登で一気に標高を稼ぐ。久々に、まとまった距離の激斜度の林道を、止まりそうなケイデンスで登ってしんどかった。てか舗装路の激坂を登るときは、ハンドルにしがみ付く腕の筋肉だけじゃなくて腹筋も使うことを思い出した。

その後、峠の直前でS谷林道に合流してから峠に到着。

そこからは尾根をつないでセリタキヒノへ。

せいぜい4時間しか走ってないのに、帰るときには足の筋肉がパンパンだった。

これからのツーリング、ロングライドシーズンに向けてなんとか鍛えなおさなくては...

 

帰宅して悶々とすること数時間、近所の食堂に行って会計をするタイミングで電話が鳴り、内々定を頂けることとなった。

 

喜びのあまり、その日のうちに関東の実家に帰りましたとさ。

6/6 夕ライド(B廃林道~茶畑~OH178)

明日雨が降るので、久々の3連続トレイル最終日として、これまた登りトレーニングコースをチョイス。

B廃林道は終点まで足をつかずに登れた。なんというか「路面と対話しながら登る」感じだ。その点で、ゴエトレイルのアプローチの林道の登りと似ている。

で、実は林道終点からも、トレイル交差点も兼ねる峠までも足をつかずにいけることが判明。

1箇所、かなり難しいチャレンジ登りセクションがあり、今日は3回やっても失敗したが、懲りずに挑戦し続ければいつか乗車したまま突破できそうなビジョンが見えた。

その後、茶畑トレイルを経てOH178へ。

OHは鉄塔から見晴らしまで、足をつかずにいけた...と思いきや、見晴らしの直前でまさかの足つき。悔しい。

その後、ザラザラの178を下って終了。

このルートは東山の登りトレーニングコースとして貴重だ。また来たいな

6/5 ゴエ

第一志望の会社の一次面接をこなしてから、これまた精神安定と肉体的に疲れて眠りやすくする意味でトレイルへ。

この日もゴエトレイルへ。

考えごとをしながらトレイルを走ってたら、いつの間にかルパントレイルに迷い込んでたが復帰。

やっぱりゴエトレイルは最高だ